まさかのED宣告!頭を抱える勃起不全にばいあぐらが優しくサポート

ばいあぐらの特徴

ばいあぐらは世界中で一番有名なED治療に使われる薬です。このEDとは勃起不全のことです。世界で一番有名な理由は、一番最初に生まれたED治療薬だからです。
ばいあぐらの有効成分はシルデナフィルというものです。元々は狭心症の薬として研究が進められていたのですが、研究が進んでいくうちに、勃起不全の改善に効果があることが分かりました。
勃起は性的刺激を受けた時に血が性器に流れていって起こるものですが、勃起不全になっている方は血管が狭くなっていて、血の流れが悪くなっています。
そこでシルデナフィルが働くことで、狭くなっていた血管が広がり、血の流れが良くなって昔の勃起状態を取り戻すのです。
ED治療に使われていることが多いばいあぐらですが、きちんとした効果を得るためには気を付けないといけないことも多くあります。
ひとつ目は服用は性行為の1時間前にしておくことです。個人差がありますが効果が出るには30分程度かかるので、万全を期すためにも1時間前には飲んでおいたほうが良いです。効果時間はおよそ3~5時間ほどとなっているので、性行為を行う前に飲み過ぎても意味がありません。
効果をきちんと得るためには、空腹状態で服用するということも必要です。食事の影響を受けてしまうため、食後に服用すると成分がイマイチ吸収されないので、良い効果が期待できません。
食事に気を付ける際はアルコールにも気を付けましょう。アルコールを摂取してしまうと、シルデナフィルの効果が期待できなくなるだけでなく、性的興奮も抑えられてしまうからです。
注意点としては、勃起力を求めるがあまり、決められている量の倍以上を服用してしまうということです。服用量を増やしても、効果が倍増することはなく、副作用がひどくなるだけなので絶対にやめましょう。
また服用したからと言って、効果時間の間ずっと勃起し続ける訳ではありません。あくまで刺激を受けて勃起する時に効果が出るだけなので、その辺りも理解しておきましょう。
確認されている副作用は、血流が良くなることからくる顔のほてり、頭痛などです。それ以外に気を付けることは、血圧降下薬と併用してはいけないということです。
もし普段から血圧降下薬を使用している方で、これも服用したいという場合は病院に行って医師に相談しましょう。
勃起力がイマイチになってきた、中折れが気になる、などの悩みを持っている方におすすめの薬ですが、しっかりとした効果を得るためには、気を付けないといけないことがあります。
きちんと服用量やタイミングなどを理解してから使用するようにしましょう。