まさかのED宣告!頭を抱える勃起不全にばいあぐらが優しくサポート

ばいあぐらの歴史

90年代後半イギリスに主要子会社を置くファイザーリミテッド株式会社の実験により今ではED治療で世界的に有名な勃起不全対薬ばいあぐらの開発、研究そして発売がされました。
この薬は心臓病の一種であり狭心症の患者の治療ために日夜研究がされておりました。
狭心症は心臓に地を流し込んでいる専門の動脈が動脈の硬化や萎縮などの原因により狭くなってしまい、血液が充分に送りこむことが難しくなることから激痛や胸の痛みなどの病気を患って最悪には命にかかわることもある病気なのです。
なお、意外と知られていないのが研究中に本来求めていたものとは違った薬ができてしまいその時になんらかのあたらしい成分や治療薬を発見することもめずらしくはないのです。
また、この薬に関して開発中であった主成分はばいあぐらの主成分科学合成物質でもあるシルデナフィルを研究していました。
クエン酸シルデナフィルの効果、働きは心臓に対して送り込まれる血液の血流量を増加させ血液の流れを良くする効果があるとされたので狭心症患者には効果を発揮すると期待を抱かれていました。
しかし幾度も研究開発による臨床実験が行われていくなかでこの成分は狭心症に対してまったく効果がなかったことが分かったのです、
そんな過程のなかで、偶然に実験の被験者の体にある変化が見られたのです。
それはシルデナフィルによる強い勃起作用だったのです。この事実が判明してから研究の目的は狭心症改善のためではなく勃起不全のED治療専門薬としての研究を進めていくことに決定いたしました。
それから4年間もの長い期間開発が続けられ1998年3月27日に特許の申請が許可されてからEDに悩まされていた男性たちの強い味方である世界初ともいえるED治療薬ばいあぐらが誕生しました。
米国アメリカでの認可からやく3か月後には日本の国内でも認可され、今までにはない好調な売れ行きと勃起不全に対する夢のような薬と騒がれ当時では大きく報道がされました。
現在ではインターネットの個人輸入代行業者から簡単に購入できる為、病院へ行く手間を省きコストを抑えて自宅で簡単にED治療することが出来るようになっています。

ED治療にはばいあぐらがオススメです。